私たち日本ユーザーメード医療IT研究会は医療の質を向上させるためのITシステム構築を目指して設立された新しい研究会です

About Us

Name

和名「日本ユーザーメード医療IT研究会」
英名「Japanese Society for User-Made Medical IT System」
略称「J-SUMMITS(ジェイサミッツ)」

Purpose:

  • 医療現場に蓄積された業務に関する知識や経験を活かして、市販のアプリケーションソフトウェア(Filemaker,Excel,Access,VBAなど)等のITツールを駆使して、
    医療者自らの手で業務に使用するITシステムを構築する活動の普及、促進を図る
  • 医療者自作システムの会員間の共有による利活用を促進する
  • 医療の質を高め、真に医療者に役立つITを考える
  • 医療者自システムとベンダー製システムとの連携による調和融合を図る

Establish:2008

J-SUMMITS MEMBER

会員
参加資格

  • 医師、看護師、薬剤師など医療に関する資格を有する人、または医療機関に在籍する人
  • または医療IT業務に関わる人

会員種別および年会費

  • 一般会員(個人加入、年会費3,000円)
  • 賛助会員(企業または団体加入、年会費一口100,000円)

役員など

役職 名前
代表(*1)1名 吉田茂
幹事(*2)13名
(順不同・役職省略)
吉田病院 健康相談センター
横田 欽一
北海道支部長
大崎市民病院 腫瘍内科
蒲生 真紀夫
東北支部長
都立広尾病院 小児科
山本 康仁 
関東支部長
医療法人葵鐘会
吉田 茂
代表
松波総合病院 産婦人科
松波 和寿
東海・北陸支部長
副代表
大阪医療センター 産婦人科
岡垣 篤彦
近畿支部長
加古川中央市民病院 放射線科
中村 徹
ちくご・ひらまつ産婦人科医院
平松 晋介
川崎医科大学 眼科学教室
若宮 俊司
中国・四国支部長
EUC部門長
糸島こどもとおとなのクリニック 整形外科
佛坂 俊輔
九州・沖縄支部長
北美原クリニック
岡田 晋吾
高岡整志会病院 関節鏡スポーツ整形外科
今田 光一
名古屋大学医学部附属病院 メディカルITセンター
白鳥 義宗
名古屋記念病院 総合内科
草深 裕光
山陰労災病院 循環器科
大田原 顕
医療法人神甲会隈病院
隈 夏樹
千葉大学医学部附属病院 企画情報部
島井 健一郎
札幌白石記念病院
髙橋 明
 監事(*3) 神鋼記念病院
櫃石 秀信
 顧問(*4) 財団法人阪神北広域救急医療財団
中村 肇 

※1 代表:幹事の中から幹事会の互選により選出,任期3年
※2 幹事:幹事会で推薦のあった会員を過半数の承認で選出、任期3年
※3 監事:本研究会の会計および業務の執行を監査する
※4 顧問:65歳以上の正会員のうち、本研究会の発展のために著しい功績を残した者を幹事会の承認をもって
選出する

J-SUMMITS

事務局:本研究会の事務局は、研究会代表の勤務施設内に置く

研究会事業
(1) 研究会開催

  • 主として自作システム発表の場
  • 発表形式はシステムデモ or プレゼンテーション、内容は特定のアプリケーションには限定せず、規模は個人使用のスタンドアローンから電子カルテ連携まで幅広く採用

(2)メーリングリストおよびポータルサイトの運営

  • ユーザー交流の場(意見交換、情報交換)として、メーリングリスト( UMIN で登録)
    およびポータルサイトを設置する
  • ポータルサイト上での会員相互の自作システムの流通を図り、ダウンロードランキングや
    人気投票などによる作品コンテストを行う

(3)イベント

  • オフラインイベントとして、各地でシステム自作におけるノウハウやTipsを公開する講習会を開催し会員各自の技術向上を図る

(4) 関連学会企画

  • 各分野の医療系学会で、シンポジウム、ワークショップ、ランチョンセミナーを行い、当研究会の活動を宣伝し会員数の拡大を図る

(5)成功事例病院見学会

  • 自作システムを有効活用している病院を見学し、成功の秘訣を探る

(6)FileMaker Developer Conference 参加ツアー

  • 毎年、米国で開催される FileMaker Developer Conference に研究会として参加し、活動をアピールする

(7)TAKUMI’S Project(匠プロジェクト)
Technical Assistance for Komatteiru Users about Medical Information System

  • 医療ITシステム構築で困っている研究会員の施設において、研究会で得られた知財
    (知識、経験、システム)を活用して、システム構築をサポートする